2004年10月31日

いりほが

 とまあ、またしても文とも季節とも無関係な写真を載せてしまうわけですが。細かいことを気にしてはいけませんよ。少なくとも私は気にしません。さりとて気にしなければ、もはや、かつて、あたかも気にならないものです。

   *

 先日こんな言葉を知りました。

goo辞書 国語辞典 いりほが

 いりほが。意味は「趣向を凝らしすぎていやみになること」だそうです。なるほど。詩作をしていると良く感じることです。状況設定を生かすネタを思いついても、その全てのネタを作品内に投入することはできない。そんなことをしたら栄養多加で大披露でごうまんちきで郷ひろみです。ジャパーン。
 というように。思いついたことを考えなしに出すことは、適正なこととは限らないのです。技術的・発想的にすごいことと、作品世界が調和し完成することは全く別です。興に乗って「郷ひろみ」などとダジャレてはいけないってことです。ましてや「ジャパーン」などとは。軽率はなはだしい。天帝はお怒りだ。

 でもね。ある作品で入れられなかったネタ・趣向、ある場面で口にできなかったジャパーンは、別の場面や作品で使うことができるんです。思いついたことは無駄ではない。メモを残し、再利用できる日を待って、その時まで大切に温めておけばよいのです。

 しかし、夜ひとり帰り道、民家の塀に向かってジャパーンと呟いてみても虚しいだけだったりします。やはり思いついたことはその場その時すかさず言うべきなのかもしれません。思いついたその時が常にグッドタイミング。ビジネスはスピードです。下着売り場で「コマネチ!」とか叫びたくなったら即座に叫ぶがよいと思います。私は他人のふりをしますが。ジャパーン。
posted by 若原光彦 at 12:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 超駄文
この記事へのコメント
知らない言葉をひとつ覚えると、とても賢くなったように感じて嬉しいです。
ましてやそれが、なるほどなあ、とか、不思議な響きだなあ、とか、興味をそそる内容であればなおさらのこと。
「いりほが」はジャパーンとともにしっかりと脳に刻まれました。
音がかわいい。おもしろいけれどあなどれない言葉だなあと感じます。
Posted by yukiko at 2004年11月02日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1142267
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック