2004年11月09日

大阪へ行ってきました(前編)


 6日(土)大阪へ行き、7日(日)に帰ってきました。大阪は『フェスティバルゲート』『cocoroom』さんでのブッキングイベント『P.P.P.P.C.B.N』に出演したのです。

   *

 在来線を乗り継いでいくつもりだったんですが、JRの発券窓口へ行ったら「新幹線の自由席に乗れる」という「シャトルきっぷ」のPOPが貼られていました。値段を聞くと、在来線で往復するのと1000円しか違わない。割安だったのでそれに決めました。30分ほど在来線で移動、米原で朝8時台の新幹線に乗りかえ、一気に新大阪へ。早い早い。

 大阪は……改札を出てすぐに雰囲気を感じました。名古屋だったら「プチブルじみた感じ」、岐阜だったら「暗い」、大垣だったら「こじんまり」といったように、都市の雰囲気って駅ですぐにわかります。大阪の雰囲気は「あけすけ」でした。良くも悪くも「ラフで無造作」な感じがしました。フットワークの軽そうな街、人。


 新大阪に到着したのはまだ9時台だったと思います。……早すぎる。公衆電話の横にあったネット端末を触ったり、本屋をひやかしたりしてみましたが……時間がありすぎる。このまま真っ直ぐ『フェスティバルゲート』に向かっても、天王寺公園を歩くぐらいしか選択肢が無い。私は大阪のスポットについて何も知らないんだから。
 ……。ぐだぐだ悩んでいてもしょうがない。地下鉄に乗り換え、目的地の『フェスティバルゲート』に向かいました。とまた、あっさり着いてしまう。

 午前10時。『cocoroom』さんの開店は12時、『P.P.P.P.C.B.N』のリハーサル開始は16時。時間があるとかいうレベルではないです。どうしたもんだこれは。

『フェスティバルゲート』には映画館も入っている、ということを思い出し、7階のシアターへ向かいました。とくに何が見たいというわけでもなかったのだけれど。行ってみたら『OLD BOY』が上映中でした。漫画が原作の韓国映画。カンヌでグランプリを取ったとか。ほう、これは面白そうだ。
 しかし。上映開始時間がちょうど10分前でした。もう上映はじまっちゃってる。ああ、新大阪で本屋をひやかしたりしたなけりゃ即みれたのになあ。

 仕方がないので約2時間後の次の上映まで時間をつぶすことにしました。灰皿のある場所で煙草を吸ったり本を読んだり。(座れるところもベンチも無かったので)モスバーガーに入ってチリドッグを食べコーヒーを飲み、煙草を吸ったり本を読んだり。本は、先日購入した「なだいなだ」の『夢をみた海賊』。面白く、あっというまに時間が経ってしまいました。

   *

 上映時間が近づいたので、エレベーターで7階へ。入場して席へ。『OLD BOY』みました。……感想はまた別に書きます。
 映画が終わってからは……ぼんやりと15分ほど、映画館の喫煙所で煙草を吸ってたかなあ。それでやっと16時。4階の『cocoroom』さんに向かいました。(続く)
posted by 若原光彦 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1142272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック