2004年11月10日

映画『オールド・ボーイ』感想

 大阪で映画『オールド・ボーイ』を見ました。韓国映画です。カンヌで賞を取ったとか『キル・ビル』の監督さんが絶賛したとか、よさげな評価を聞いていたので見ました。気分をアップさせたい時でもありましたし。

   *

 ストーリーは予告編などで知られている通りです。「15年の監禁から突然解放されたオ・デス。なぜ監禁したのか、なぜ解放したのか。復讐に燃えて手がかりを辿りだす」。

 オ・デスは監禁中、ずっと揚げ餃子ばかり食べさせられていました。「15年食べた味を忘れるものか」と中華料理屋を巡り「あの餃子を作った店」を探そうとします。昔の旧友にも連絡を取ります。と、犯人の方から手がかりを与えて来るようになります。「お前はなぜ監禁されたか? 俺は誰か? 俺の目的は何か? 思い出せ!」オ・デスの調査は自然と自分の過去に向いていきます。

   *

 面白かったですよ、うん。ヒロインがキュートでした。主人公のオ・デスは、冒頭と中盤とではほとんど別人です。最初は中年男性だったのに、解放後はまったく野人になり切ってる。この役者さんすごいです。

 終盤でアレを切っちゃうのはやり過ぎなんじゃないか、と思いましたが、その「痛さ」をもって表現したい激情があったのかな。投身自殺とか、ナイフが刺さったままヤクザを殴り殺すシーンとか「痛くて滑稽で『笑えねえよ!』な笑い」が多かったです。ユーモアには期待しないほうがいいかな。前編に、いた〜い映画です。肉体的にも精神的にも。人もよく死にます。オ・デスがバッタバッタと即死させます。ホント怪物ですこの男。
 なんらかのポリシーがあって、暴力表現が徹底されているんだろう。そんな印象を受けました。胸のすくアクションはないです。痛々しい死闘が延々と、という感じ。

   *

 そうですね……。端的に言えば『復讐劇』です。『ラブストーリー』や『逃走劇』『推理サスペンス』の風味は強くありません。荒れ狂う男が、あがいてあがいてあがき続ける痛〜いお話です。物語や映像はネタや技術美に凝りすぎていないので見やすかったです。人物の位置や表情がとらえやすい、まじめな印象のする映画でした。

 どういう人に向いてる映画なのかと言えば……答えにくい映画です。カップルでも中高生でも楽しめるだろうけど……30歳以上の男性がひとりで、というのが合っている気がします。人生を振り返り、選択するお話だから。

 見た後の気分は……複雑な感じですね。物語の謎は全部解けても、スカッとはしないです。それでも人生は続く、そんな終わり方でした。CMやロゴのスタイリッシュな印象に留まらない、けっこう渋い映画でした。
posted by 若原光彦 at 00:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
スーパーコピー, ブランドコピー通販【NobleShop111 - スーパーコピーブランド市場】コピーブランド電解液は普通は2種類酸性、シアン化物があります。酸性電解液は酸基、簡単な塩の溶液から――硫酸塩、塩酸の塩、硝酸塩は、例えば硫酸銅、塩化ニッケル、塩化ナトリウムなどを構成します。シアン化物の電解液はナトリウム、青酸カリと銅あるいはその他の金属の構成する比較的複雑な総合物の溶液をシアン化するから。両者の結晶は比較して、前者の結晶粒子の大、後者は比較的細いです。過程で使っていて、後者の雰囲気は溶けて物の電解液の毒性、コストが大きくて、しかし効果が良いですコピーブランド
Posted by コピーブランド at 2014年06月04日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1142275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック