2005年01月06日

最近知った言葉

 最近こんな言葉を知りました──

擱筆(かくひつ)
書くのをやめること。書き終わること。

敷衍(ふえん)
敷き広げること。意味を広げて多面的に詳しく説明すること。

嚆矢(こうし)
かぶら矢。転じて、物事のはじめ。

リリシズム(lyricism)
叙情的なおもむき。叙情精神。叙情主義。

パンデミック(pandemic)
伝染病の世界的大流行。その病気や現象。

狭窄(きょうさく)
すぼまっていること。例「視野狭窄」「幽門狭窄」

ドゥエンデ
スペイン語。芸能の精霊、またそれがのりうつったような状態。

イスパノフィロ
ひじょうなスペイン好き。スペイン狂。

──『パンデミック』は、検索してみると医学や政治とは全く関係のないサイトがたくさん出てきました。この新語が広まる以前から、商品名・会社名・サイト名などに使われていたようです。耳に残る語感ですものね。ミステリアスな。

 最後の3語は、阿川佐和子さんの『あんな作家 こんな作家 どんな作家』というインタビュー集を読んでいて出てきた語です。
posted by 若原光彦 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1142334
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック