2005年02月18日

最近知った言葉

 最近こんな言葉を知りました(最近、とは言ってもだいぶ溜めていたので、ここ一ヶ月半ぐらいのぶんです)。

   *

リペアムゲル
新語。自転車のタイヤ保護剤。常温では固体。

暗渠(あんきょ)
外から見えないようになっている水路。

舎人(とねり)
貴族・宮中などにおいての役職のひとつ。

喃語(なんご)
男女のむつまじいささやき合い。また、乳幼児の言語とはいえない発声。

solitude(ソリチュード)
孤独。寂しさ。寂しい場所。

先鞭(せんべん)
人より先に物事に手をつけること。またその人。

什器(じゅうき)
日常使用する家具・道具・器物の類。

ソフィスティケート(sophisticate)
趣味や態度などを洗練すること。

レペゼン(represent)
新語。日本のヒップホップアーチストが、或る地域を代表する意思を表明する際に用いる。例「レペゼン東京」「レペゼン福岡」。

譚詩(たんし)
物語詩。バラード。バラッド。

DHMO(ジハイドロジェン・モノキサイド)
50人中43人が使用禁止に賛成した物質。常温では液体。

陶冶(とうや)
陶器や鋳物の制作。また、素質を鍛え上げること。

アストロツイン(astro twin)
新語。同じ生年月日の人、占星術上の双子。

頌徳(しょうとく)
得をほめたたえること。

誄(るい)
人の死をいたんで、その人の生前の功徳などを霊にのべること。例「誄辞」。

誕(たん)
うそ。いつわり。

ニッチ(niche)
すきま。例「ニッチャー」

いらえ
「返事」「返答」の雅語的表現。

   *

「トネリ」はいつごろからかずっと頭に残っていた語です。調べてみたら歴史的・体制的な意味でちょっとがっかりしました。なにかのネーミングに使おうと思ってたんですよ。感触がいいじゃないですか、トネリ。縄文人とかに居てそうで。懐かしい響きなんだけど、未来的な感じもして。
 余談ですが、私、縄文人っぽい名前(どんなだ(笑))が好きなんです。「ワカ」とか「タスク」とか「コノエ」とか。素材そのままの音感がしてて。深い意味も無さそうで。
 ……意味は後から付けられてるんでしょうね、こういった言葉は。漢字が伝来する前はたいした意味はなかったような気がします。あ、フィーリングで話してるのであまり本気にしないでね。

「DHMO」は寓話を検索していて「FKPG!:一酸化二水素の寓話」を読み、知りました。有名な話なのかな。……こういうの好きですよ。大好きです。言葉って本来無属性なものだと思います、無属性だからこそ裏をかいて詩もなぞなぞも作れる。好きだなあ、こういう話。うまいなあ。

「誕」は、作品のタイトルを考えていて見つけました。そういえば「誕」ってごんべん(言)でしたね。しかしこの意味は意外でした。「生誕」「誕生」なんてどういう意味になってしまうんだろう。
posted by 若原光彦 at 23:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 詩・言葉
この記事へのコメント
初めまして、バカによくきくブログの者です。

「誕」の文字には驚かされました。生まれたのを否定しているのが誕生日なんですね。
なにか、宗教からきているんでしょうね。仏教と考えるのが自然でしょうか?
また、伺います
Posted by wing at 2005年02月19日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1142362
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック