2005年06月15日

06-25(土)26(日)『イリュージョン』

 先日、チラシ配布のため名古屋市内のスポットを回っていて見つけました。

2005-06-25(土)・2005-06-26(日)
『寂光根隅的企画第2弾
ILLUSIONS(イリュージョン)』

【原作】リチャード・バック
【脚本】渡山博崇(劇団イリスパンシブルティ)
【演出】寂光根隅的父
【照明】多田さとみ(OPT)
【音響】Acousphere
【衣装】木場絵里香
【舞台監督】金子康雄
【演出助手】佐伯知佳子,篠田竜太
【制作】寂光根隅的父,レオナルド備前
【制作協力】大島寛之
【イラスト】千田アツ子
【デザイン】フルヤカツトシ(シナプスプロジェクト)
【出演】獅子見琵琶(双身機関),澤村一間,後藤好子(俳優館),山田マキオ(劇団NANジャガー),レオナルド備前(劇団pH-7),ロンリーウルフ光浩(劇団夢稀)神井戸みか,いかすがい,龍元誠之

【日時】
2005年6月25日(土)
13:30開場・14:00開演
19:00開場・19:30開演
2005年6月26日(日)
14:30開場・15:00開演

【入場料】
前売り2500円/当日2800円

【チケット取扱い】
jakopapa@syd.odn.ne.jp
芸分センターB2階PG
名古屋シネマテーク
ウニタ書店
空色曲玉
*日時指定/全席自由

【会場】
日本陶磁器センター3F大会議室
愛知県名古屋市東区代官町39-18
*地下鉄桜通線「高岳」2番出口より東へ徒歩7分
*地下鉄東山線「新栄町」2番出口より北へ徒歩7分


 この劇の原作は『イリュージョン 退屈している救世主の冒険』のようです。リチャード・バック作・村上龍訳・集英社文庫で読んだことある人も多いでしょう。私、このお話が大好きなんですよ。たぶん30回は読み倒したと思う。脳内でコミック化しながら読み、ラジオドラマ化しながら読み、映画化しながら読み……いろんなイメージングをしながら読みましたね。一度はマンガ用のキャラデザインを書いてみたことすらありました。そのぐらい没頭した作品です。
 以前、大阪で朗読劇として上演されたこともあったようです。ネットでそのことを知ったとき『くそー! 観たかったぜー!』と無性に悔しかったです。

 見に行ってみようかな、この劇。でも26日(日)は『続・ぽえ茶』の日でもあるのでちょっと無理です、行くなら25日(土)かな。
posted by 若原光彦 at 01:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | みんなのイベント情報
この記事へのコメント
わ、このイベントの【イラスト・千田あつこ】さんは維新派『キートン』大阪南港の屋台村で出会った方だと思うのだわ。多分。
声を掛けて下すったのだけど、よっぽど東海地方臭が漂っていたのかしら、ワタシ。
ここでお名前みるとはびっくり。
イラストやってます、って仰ってたものなぁ。
縁を感じてつい、書き込んでしまいました。
Posted by 江藤莅夏 at 2005年06月15日 12:44
はじめまして。名古屋市東区の地域情報のホームページ、ブログを作っています。よろしければ一度見に来てください。http://blog.melma.com/00142299/
Posted by 地域ホームページ名古屋東 at 2005年06月26日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1142403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック